表情筋が細く弱ってしまったことが

表情筋が細く弱ってしまったことが、頬のたるみに関係することがあります。顔の筋肉が衰えて、頬のたるみが目立つようになると、口の周囲にほうれい線が多くできるようになります。女性の中には、ほうれい線が深くなったら、いきなり年をとって見えるようになったという人もいます。ほおにたるみができたり、ほうれい線が深く刻まれるようになると、実際の年齢よりも年をとってみえるようになりやすいものです。見た目の若々しさを維持するためには、ほうれい線が濃くなることは避けたいものです。ほうれい線をなくしたいと考えている女性は、少なくありません。目じりの小じわ、口元のほうれい線、この両方をわからないようにすることで、老けた印象を与えない顔でいることができるといいます。たるみのない頬になるために、外科的な調整手段を用いて整骨をする人もいます。施術の直後には効果はあるものの、肩こりマッサージのようなもので、根本的な改善にはなりません。表情筋を筋トレで鍛えることによって、たるみのない肌を自分のものにすることができるといいます。表情筋を強くして、筋肉が皮膚を保持する力を助けるというもので、毎日コツコツと取り組めるかどうかがポイントです。筋トレの手順が面倒なものだったり、長い時間を要する運動にしていると、最初はがんばれるものの、長続きしないことが多いようです。顔の筋肉に広く繋がっている口輪筋を動かすことで、筋トレを行います。口輪筋を動かすことをイメージしながら、口元を上げて、下げる運動を、毎日2回ずつ、朝晩などに5分の運動時間を確保します。1日に5分の運動を2回行うという、とても簡単な内容ですが、続けていくことによって、頬のたるみに効果が発揮されます。